税理士が代行できる事

会社設立を税理士に依頼すると、どんなことをやってくれるのでしょうか。

会社設立代行の内容は、申請に関連する書類作成のみ依頼して申請を自分で行うパターンと、書類作成も窓口での申請手続もまとめて依頼するパターンの2種類があります。本来、窓口への申請代行が行えるのは司法書士のみ。けれど、税理士に依頼しても、社内や提携する司法書士と連携して窓口での申請代行も行ってくれます。

会社設立行政書士や司法書士の会社設立代行には一定の料金がかかりますが、税理士は設立代行の手数料が0円というところも少なくありません。それは、税理士の会社設立代行には、会社設立後の顧問契約がセットになっていることが多いからです。顧問契約というと、高価なイメージで不安になるかもしれませんが、会社設立後の会計処理や、各種税金の申告書類作成などに必要な時間や費用を考えると、日々の業務の中で、定期的に相談したり、データの作成をお願いしたりできる顧問契約は、決して不要なものではありません。

会社を健康的に存続させるためにも、考えておきたいものといえます。法人の会計処理は、素人にはなかなか難しいもの。そんなお金の相談をする税理士に、起業時から入ってもらえば、日々の会社経営の不安も軽くできますね。

上手に使えば、会社設立をスムーズにすすめられる税理士の会社設立代行。信頼できる税理士さんを見つけて、あなたの夢を叶える会社を作りましょう。