会社設立の税理士代行

ネットやテレビのニュースでも話題になっているように、サラリーマンでも副業を持っている人が増えてきました。趣味や特技を活かして副業をやっていると、さまざまな場面で「会社を設立した方がいいかも」と感じることもでてきます。会社設立は、誰でもできます。就業規則等に触れなければ、会社に勤めていても、自分の会社を設立することもできるのです。

会社の中でも、最も多く信用性が高いとされる株式会社を設立するためには、必要な書類を揃えて、法務局等へ申請しなければなりません。インターネット上にも、さまざまな情報サイトがあり、必要な書類の内容や作り方などが記載されています。

作成代行でも、起業するにあたって、やらねばならないことは、申請だけではありません。申請して法人化しても、ちゃんと会社が回っていかなければ意味がないので、創業資金の融資依頼に行ったり、事務所を探したり、顧客の開拓をしたり、本業に直接関係する仕事を並行してやっていく必要があります。確かに、書類は、必要事項を記入するだけなので、誰にでもできるかもしれません。けれど、作ったことがない書類の作成は思いのほか時間がかかるもの。しかも、会社設立申請はお金がかかるものなので、修正に高い費用がかかることもあります。「誰にでもできること」「専門的な知識も必要な書類」だからこそ、作成代行を依頼するのがおすすなのです。

会社設立代行は、司法書士、行政書士、税理士などが行っているサービスです。このサイトでは、そんな会社設立代行の中でも税理士が行っている代行サービスについてご紹介します。

 

⇒⇒会社設立申請の手順